えすぽ通信

2016.01 ローマ研修5日間 2

軍人さんにカメラを向けちゃダメなんです。。。

【2日目】
朝食は6:30〜M/Cなしでパンの種類がかなり豊富でした。
サラダのしなびた具材は食欲をそそりませんが、ドレッシングの字が読めない分「賭け」のようでそれぞれちがう種類ためすものの正解がわからず・・
これは注意しないといけないので明朝はまた頑張ろうと思えるものでした。

7:20 フロント前集合/出発。薄暗い中、専用車両にてティブルティーナ駅まで約15分の移動。
人もまばらな駅には赤いベレーに迷彩に身を包み肩から銃を下げた軍人さん。
日本ではまず見られないので思わずカメラを向けると「NO!」と止められます。
なんとかとりたくて後姿を狙ってシャッター切ったのですが音に反応されくるっと振り返り近づいて
「見せろ、そして消せ」的なことを言われます。さすがに怖いので言われるとおりに従いました。
ローマ観光のガイドさんに後々いわれるのですがテロ警戒含め軍人さんは非常にピリピリしてるので
カメラ向けてはだめですよ、と。最初の係員さん、それ先にほしかった情報です。怖かったので!

8:25 イタロに乗車。日本と違って線路までの段差がないのでそのまま線路も歩けてしまいます。
間近に止まるのでなかなかの迫力でした。いざフィレンツェへ
一等車なので車内はゆったりシート。飛行機もこれならよかったのに。
足元にごみ箱、コンセント、フットレスト、そしてドリンクのサービスにクラッカー付でした。
景色はほぼ草原でしたが発車音もなく途中停車もなく非常にゆったりと1時間快適なひと時をすごさせていただきました。

9:46 フィレンツェ到着。
午前中の景色なのに夕方ぽく見えるのはきっと時計を日本時間のままにしていたからでしょう。
小雨が降っているようで降ってない。そして改札もない駅にガイドさんが待っておられました。
今日は歩いてのq観光、一日中徒歩にて観光です。
せっかくなので路線バスでとのことで約20分揺られて街を一望できる高台にあるミケランジェロ広場に着きました。
小雨パラパラ・・しかし目の前に広がる景色に思わず歓声をあげて展望スペースへと向かうのです。
かすんでみえるもののようやくヨーロッパに来た気分になりました。
ミケランジェロ広場からはバラ園を通り抜けて約15分、ヴェッキオ橋あたりまではさすが「壁の中が遺産」といわれるような風景を歩いて行きました。
有名な錬金術師のブロンズ像が橋の中央にありました。
魅力的なショーウィンドウが立ち並ぶ街並みをひた歩き、鼻を触るとしあわせになると云うイノシシの像で一通り鼻を撫でて共和国広場へ。
有名ブランド地区、商店街地区とわかれてます。GUCCIの本店が近くにありました。

ここフィレンツェの名物は「モツバーガー」だそうです。残念ながら今回姿を拝むことはできませんでしたが・・・
そして、フィレンツェといえば「大聖堂ドゥオモ」宗教の中心です。
手前にある建物は11世紀に建てられたキリスト教徒になるための洗礼堂です。
140年かけてつくられた「天国の扉」実際に見てるものはレプリカだそうで、本物は博物館にあるそうです。
ひときわ目立つ鐘楼は天国にのぼるためのはしご、階段は414段です。15€払って共通券を購入し、いざ!!
階段を上る人・下る人肩があたるくらいのかなりの様さの階段を上ります。
途中3か所ほど休憩のスペースがあり、その階ならではの景観もあるので無理はしない方がよいです。
スムーズにいくと往復30分あれば可能かと。
一番上まで上がるとポスターでよく見かける光景に出合えます!!
値打ちありです。

次はシニョリーナ広場からのウフィツイ美術館です。
広場にある大きな男性裸像は「ネプチューン」16世紀にできたコジモ1世が唯一服をきている像があります。
美術館、興味のある方だと一日中いられるような充実の内容なのでしょうが、今回は有名どころを端折っての
見学でした。
日本でいえば江戸時代くらいからのコレクションから始まります。
ミケランジェロの部屋に彼の30代始め頃の作品、珍しいのは脇をみせたマリアの絵です。
有名な「春」だとか「ビーナス誕生」も飾られています。
レオナルドの部屋、あまりにも有名な「受胎告知」これは正面からでなく右斜めからみるのが良いそうです。
美術館進んでゆくと、だんだんと近代化して庶民の絵、へと変わってゆきます。
最終地下の雰囲気あるWCへの階段(遺跡がみえるように設計)みたりしながらお買いものコーナーです。

約1時間少々のFREEタイムが与えられ小雨のフィレンツェを散策できました。
堀井会長のお孫さんのリクエストがあって「マーブル紙」のお店へとガイドさんに案内していただきました。
決して安いものではないのですが、店のご主人が実際に紙を漉くところを見せてくださいました。
伝統工芸品、なのでしょう。たしかにきれいでした。
ドォウモから徒歩にて約15分で駅へ。復路もイタロにて。
何番線に入るかがギリギリまで決まらないそうです。疲れたので早く座りたかったのですが・・・
後は1時間爆睡でした。

えすぽツーリスト

旅行業登録番号
兵庫県知事登録
旅行業第2-605号

伊丹営業所
TEL 072-773-0555

六甲道営業所
TEL 078-856-3601

垂水営業所
TEL 078-704-2704

レバンテ垂水営業所
TEL 078-707-3311

妙法寺営業所
TEL 078-747-3005

姫路営業所
TEL 079-295-5121

本社団体営業部
TEL 078-222-1551

リンク旅行取引に関する事項このサイトについて個人情報の扱いについてサイトマップ