えすぽ通信

2007.01 バンコク研修号

マッサージ三昧...???

*バンコクのお天気*
 熱帯に位置するタイの首都バンコクは、最高気温30〜35℃、最低気温は24〜27℃。湿度は平均70〜80%。大きく3つ、雨期(5月〜10月)・乾期(10月〜2月)・暑期(2月〜5月)の季節があります。日中の屋外では日差しが強く日本の真夏のように蒸し厚いので、帽子は必需品ともいえる。ただし、ホテルの中やお店の中ではクーラーがきいているので、羽織るものやトレーナーを持っていくと良いですね。旅行をする時期には乾期の時期がオススメ!!晴天が続き、雨もほとんど降らない。ちなみに今回の研修では最終日に雨が降ってきました・・・。

*研修行程*
《1日目》
 シンガポール航空(SQ)にて関空を12時45分に出発。実際は10分後の12時55分が出発予定。チェックインは関空Hカウンターと一番南(入口右手奥)。日本が冬の時期に暑い国へ行く時はコートを預かってくれるカウンターがあります。しかし営業時間が朝6時30分からなので時間に注意して欲しい。
 さてさて、チェックインを済ませ、今回は研修ということで、いろいろと特別待合室にて話がありました。(らくらくお土産の手配もここでしました。現地でお土産を探す時間が節約できるし、重い思いもしなくて済むので有り難いですよ)荷物検査に関しては、特にバンコクは厳しくありませんでした。しかし、目薬や化粧水など液体類はジップロックなどに一つにまとめておいておくとよいでしょう。免税店で買い物をする時間もほとんどなく、残念ながら出発。航空会社では昔から人気が高いシンガポール航空。映画はもちろん、任天堂のゲームもやパソコンゲームが数多く揃っています。行きの飛行時間は約6時間半。機内食は1回。普通に食べられる味でした。

 2006年9月28日に開港したばかりのバンコクの新空港、スワンナプーム国際空港に到着。綺麗でかつ、大きいことに驚きました。その広さは成田空港の約3倍あります。名前は「黄金の土地」を意味します。荷物を受け取り、出口が何箇所かありますが、ルックJTBのツアーではどの出口からでてもわかるようにはなっていますが、基本は一番端の「21・22番出口」からに集合となります。空港から外にでると、なんと夜には立体駐車場のライトがとても綺麗で、新空港の真新しさを感じました。バンコク市内からは東へ25キロほどで、車で約1時間ほどとなります。

 夕食をとり、私たちが2日宿泊する、スクンビット通りにあるインペリアル・クイーンズパークホテルへ。大きくバンコク市内には6つの通りに分けられますが、この通りは日本人も含めて外国人が住む高級ホテルや住宅街や各種ショップが一番多いそうです。まさに、ホテルの前の通りは、外国人向けのマッサージのお店が立ち並んでいます。どの店も足マッサージが1時間200〜300バーツ(日本円では約600円〜900円程)、タイ古式マッサージは2時間300〜350バーツ。この安さには驚きました!!!!なので、私は滞在中3回(毎日1回)はしてきました。ちなみに弊社代表取締役はこの旅行で7回はしたようです(^^;)。この他、バンコクは夜までびっちり観光できるほど、ディスコやバーや有名なオカマバーや偽者がうり並ぶマーケットがパッポン通りとタニヤ通りを中心に賑やかに営まれています。

《2日目》
 バンコク市内から約車で1時間半かけてアユタヤ観光へそれからバンコク市内観光。ご存知の方も多いのですが、バンコク市内にある「ワット・プラケオ」や王宮に入場する際の注意点は「だらしない・はしたない」と考えら、肌や身体の線を露出する服装では入場できません。しかし、うっかり!!の場合でも入場門から入ってすぐ右の服装検査室でズボンや上着を無料で借りることができます。その際はパスポートやクレジットカードなどを預ける必要があります。しかしここでは問題ないので大丈夫です。逆に服を売りつけたり有料で貸し出しているが相手にする必要はありません。

《3日目》
 水上マーケットへでかけていきました。船乗り場にてたくさんのタイ雑貨を売っています。ここでは、定価で買うものではありません。必ず値下げを要求してください。100%半額近い値段にて購入することができます。ちなみにわたしは麻のランチョウマットとコースーター6枚セットを280バーツ(日本円約850円)のものを120バーツ(日本円約360円)にて購入してきました。水上マーケットは残念ながら1度行けばいいかなっと本心思いましたが、不思議な感覚にはなります。決して、ベネチアのゴンドラなどとは一緒にしないようにして下さい。

 日本へ帰国する前に、再度バンコクの新空港スワンナプーム空港の出国について。荷物を預けてから出国の際に空港使用税として500バーツが必ず必要となります。チェックイン後出国口側に並んでいる「Passenger Service Charge」ブースか自動販売機でチケットを購入します。それを出国審査場へ入る際に、パスポートと航空券と一緒に渡します。入国時に両替をしたらすぐに別にして残しておくことをオススメします。空港に入ると、免税店が並んでいますが、端2箇所にマッサージ店があります。最後の激安マッサージとなるので、皆さん考えることは一緒で、店内は混雑していました。待ち時間つぶしに当然私も(社長も)してきましたよ(^^;)。
 3日目は月曜日でした。これがなんと8割近い人が黄色いTシャツなど黄色い服を着ています。これは王様のカラーが黄色ということで、王様の尊敬の意味、敬意を表すために毎週月曜日は着用しているようです。国民の王に対する敬意は日本では考えられないものではないでしょうか?結構これも観光の目的としても楽しいかと思いました。

《4日目》
 早朝5時に関空に到着。バスや電車は動いていない方面が多々あります。そんな時は関空向かいにあるホテル日航では6時から朝食を食べることができます。和食がなんと美味しいか再確認できますよ!

*乗り物*
 バンコク市内は特に通勤時間や週末は大渋滞するので、タクシーは避けた方がいいです。さらに、夜にタクシーを乗ることは命賭けです。ただし、地下鉄やBTSは24時までなので、一人の夜の外出はやめた方がいいです。その他、3輪の不思議な乗り物トゥクトゥクやモーターサイというバイクのタクシーがあります。それぞれのワンポイントアドバイスを書いておきます。

 地下鉄とBTS(スカイトレイン) : どちらもバンコクでは主要な交通機関です
○地下鉄の切符は、1回乗車用のトークンと複数回乗車できるカードにわかれています。
1回乗車用トークン(Single Journey Token):黒いコインのようなトークン。中にはICが組み込まれており自動改札のタッチセンサーに触れて入札します。自動改札を出るときには、改札についている穴に入れて出ます。小さいのでなくさないよう注意が必要です。
数次乗車カード(Stored Value Ticket):数次乗車券(Stored Value Card)は、JRのスイカ同様、ICが組み込まれたプラスチックのカードを使用。カードは200バーツ(50バーツのデポジットを徴収されるので使用できるのは150バーツです。
乗り放題パス:1日乗車券と3日乗車券が新たに発売になりました。何回でも乗り放題のカード式乗車券です。1日乗車券は購入当日限り有効で120B。3日乗車券は購入日を含めて3日間有効で300Bです。
○BTS(スカイトレイン)もいくつかカードがありますが、旅行者は2つ知っていればいいと思います。
1回乗車カード(Single Journey Ticket):各駅の自動券売機でのみ購入できる目的地まで1回の乗車ができる乗車カード。券売機は5&10バーツ硬貨のみ使用可能で、お札は使えません。小銭がない人は窓口で紙幣を硬貨に両替してもらってから券売機で買わなければならず、ちょっとめんどくさい(窓口では購入できません)
乗り放題パス:3 Day Passは、2001年12月中旬より発売開始となった観光客をターゲットとした4日間乗り放題パス。このパスは4日間の有効期限中スカイトレイン全線を何回でも制限なく乗り降りできるパスで価格は280バーツ。当初は、有効期間が3日間だったが、売れ行きが悪いので4日間と1日増やした(価格据置)。しかし、名前は「3 Day Tourist Pass」のままで、紛らわしい。
One Day Passは、その後に登場した1日乗り放題乗車券。価格は100B。
市内を思い切り自由に歩き回るなら、乗り放題パスが簡単でお奨めです。 

○タクシー : 日本と大きく違う所は自分でドアを開閉しなければならない所です。どこの国でも同じ、必ずメーターを動かしたか確認すること。
○トゥクトゥク : 黄色くコンパクトで一見、可愛くバンコクの名物の乗り物でもあります。しかし、運転は荒いバンコクの方々なので車のように四方囲まれていないので、事故になることもあるようです。料金も観光客向けの乗り物でもあるので、若干割高になっています。
○モーターサイ : 渋滞が多く、一方通行が多いバンコクでは小道や道路をスイスイ行ける、バイク式のタクシーですが、現地の方がよく利用しているようですが、こちらも事故が多いようです。

*ホテル視察*
○インペリアル・クイーンズパークホテル Aグレード 
 スクンビット通りにのソイ(沿い道)にある、2つの高い建物を持つ大型ホテル。BTSのプロムボーン駅からは徒歩15分(裏道を利用すれば約7分ほどだが夜は危険)。 中に入ると、大きなロビーがあり、開放的な感じがします。客室は広く、洗面台やバスも綺麗にされています。
○ロイヤルオーキッド・シェラトン Lグレード
 チャルン・クルン通りにある、チャオプラヤ川沿いにあるホテル。BTSサパターンタクシン駅まではシャトルボートがあります。正面から入ると、高級感あふれるロビーです。客室は全室リバービューでとても綺麗で落ち着く部屋です。日差しあふれるレストランとプールにジムも宿泊客は無料で利用できます。
○スイスホテル・ナイラートパーク・バンコク Lグレード
 サイアム・スクエア周辺にある、緑ある5階建ての低階層の建築。周りには大使館があり都心にありますが外も内も落ち着いた雰囲気をもち、バンコクにいながらも中央にある緑に囲まれたプールといいリゾートにいる気分にもなれます。レストランやロビーそれぞれに吹き抜けがあり開放感があります。「源氏」という和食料理もあります。客室も落ちついた色とモダンな家具でまとめられてとても綺麗です。もちろんプールやテニスコートにジム、スパも宿泊客は無料で利用できます。
○ノボテルホテル
 新空港のすぐ横に隣接するトランジット利用の方が主に利用するホテル。もちろん新空港の開港とともにオープンしたホテル。とっても高級感に溢れています。プール、ジム、スパを備えておりレストランも5箇所あります。入り口すぐにある「ザ・スクエアーコーヒーショップ」は夕食ブュッフェがお買い得だったと・・・。今はバンコクとはバスとつないでいますが、現在地下鉄の延伸工事が行われています。(垂水:紗)

えすぽツーリスト

旅行業登録番号
兵庫県知事登録
旅行業第2-605号

伊丹営業所
TEL 072-773-0555

六甲道営業所
TEL 078-856-3601

垂水営業所
TEL 078-704-2704

レバンテ垂水営業所
TEL 078-707-3311

妙法寺営業所
TEL 078-747-3005

姫路営業所
TEL 079-295-5121

本社団体営業部
TEL 078-222-1551

リンク旅行取引に関する事項このサイトについて個人情報の扱いについてサイトマップ