えすぽ通信

えすぽスタッフの体験記(伊豆)

見どころいっぱいの伊豆旅行記・ 修善寺、土肥、堂ヶ島、下田、天城越え

新神戸から新幹線で約2時間30分、三島ですぐに乗換えできる伊豆箱根鉄道に30分揺られ修善寺に到着しました。

駅前は想像以上にお食事場所やお土産店がありました。
ずっと電車に乗って少し疲れたので駅前の喫茶店でお茶をして、それから駅前でタクシーに乗り今回のお宿「桂川」へチェックインしました。

お部屋は広くゆったりとしていて2泊するには充分は環境で、大浴場も広く快適でした。

ひとまず、修善寺の街を散策に出かけました。
旅館は温泉街の端にあったので街の中心であるお寺、修禅寺があるところまでは10分ほど歩きました。
平日なので人も少なくゆっくりと川沿いの街を散歩し、特に竹林の小道が雰囲気も良く旅情ただよう空間でした。

翌日はハイヤーで西伊豆、下田、天城越えをしてきました。

まずは修善寺からすぐ近くの旭滝という所に案内してもらいました。ここは車がないと行けないところなのですが、立派な滝を見ることができます。
滝が朝日の方向に向いているらしく旭滝というそうです。かなり高所から滝が流れている大きな滝なのでマイナスイオンがいっぱいです!

次に向かったのは土肥、ここでは世界一の花時計を見てきました。修善寺から1時間足らずのこの場所はすっかり海の町です、街には潮風がただよいなんだかリゾートのような感じでした。

その次は、恋人岬という景勝地、そして堂ヶ島へ。
車はひたすら海岸線を走るのでドライブには最高のルートです。素敵な景色ばかりで写真をたくさん撮ってしまいます♪

堂ヶ島から東へと下って行き、蓮台寺に到着。ここには吉田松蔭の隠れ家がありました。
隠れ家とあって民家の中に、ひっそりと昔のかやぶき屋根がそのまま残ったタイムスリップした場所にありました。
吉田松蔭は当時、皮膚病を患っていたそうでその家には温泉をひいた立派なお風呂場があり湯治もしていたということです。今でもそのお風呂場を見ることができ、現在もなお温泉が出ていて触ることもできます。
幕府から追われていた松蔭さんはこの場所で、すぐ近くの下田に停泊する黒船に接近する機会を待っていたそうです。この家の訪問は歴史をとても身近に感じる体験でした。

そして、次は下田の町へ。

駅周辺はとてもにぎやかで人通りも多く明るい雰囲気に満ちていました。駅前のレストランで食べた伊勢海老天丼はとても美味しかったです。

車でぐるっと下田の町をドライブして、黒船を模した観光遊覧船を眺め次の目的地天城越えへ向かいました。

下田からの海から山への移動は途中曲がりくねった山道などもありどんどん山奥に進んでいる感じがとてもおもしろかったです。
そして旧天城トンネルで降り、約440メートルのトンネルウォークです。中は薄暗く、シーンとして、空気はひんやりとし下田の町の明るさ、暑さとは180度反対の世界です。
恐がりの私にとっては肝だめし気分でした。トンネルの先で車が待っていてくれてるのが見えるとなんだかホッとしました。
そこから修善寺に帰る道は5月の薄緑色の新緑がとても美しく、しばらくの間はまさしく緑のトンネル状態です。脳がリフレッシュされるようなすがすがしい気分でした。

こんなにたくさんまわっても朝10:30出発でゆうがた16:30頃にはお宿に到着できます。
伊豆の観光は車があると便利だなぁと実感しました。
(垂水:志)

えすぽツーリスト

旅行業登録番号
兵庫県知事登録
旅行業第2-605号

伊丹営業所
TEL 072-773-0555

六甲道営業所
TEL 078-856-3601

垂水営業所
TEL 078-704-2704

レバンテ垂水営業所
TEL 078-707-3311

妙法寺営業所
TEL 078-747-3005

姫路営業所
TEL 079-295-5121

本社団体営業部
TEL 078-222-1551

リンク旅行取引に関する事項このサイトについて個人情報の扱いについてサイトマップ