えすぽ通信

2006.06号 東京ディズニーリゾート・ホテル編

お勧めのホテルを紹介します!

・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
シェラトンにはオーシャンドリームという『海と自然』をテーマにしたお部屋があります。
ピンクのお部屋のペンギンルームとブルーのお部屋のイルカのルームがあり、ペンギンのお部屋からはパークが一望でき、イルカのお部屋からは東京湾が一望できます。このお部屋にはお子様用のパジャマ、スリッパ、ハンガーが用意され、シェラトンのキャラクターのポーチに入ったアメニティがもらえます!!
 また、シェラトンでは雨の日でもお子様が退屈しない設備がたくさんあります。別棟にあるオアシスは2日間何度でも利用できるパス=大¥1575 小¥1260を購入するとプール アスレッチックジム 大理石の大きなお風呂やナムコランド ディズニーキャラクターと一緒に写真が撮れるスタジオがあります。
 個人的にはオフィシャルホテルの中でシェラトンの朝食場所が一番気に入りました。ガラス張りの開放的なレストランで庭園に面しており朝からとても気持ち良く朝食が頂けます。ただ!8時以降になると入口で待つことになるので少し早起きして行かれることをお勧めいたします。

・ヒルトン東京ベイ
オフィシャルホテルの中で最もファミリールームに力を入れていたのがヒルトンでした。ファミリースイートというお部屋はシンプルなツインベッドルームとカラフルで楽しい工夫がされたフォースベッドルームの構成になっている。私達大人から見てもワクワクするようなお部屋で、木の切り株風な子供専用洗面台やトイレ、壁や天井には絵が描かれておりホテルに戻ってからも楽しみがあるようなお部屋でした。小さなお子様連れの家族にはオススメ!!! 
 後、ヒルトンのフロント前にはお子様が遊べるスペースを設けており、おもちゃやテレビがあり混雑時にも退屈しないように考えられている。そのフロントの近くに4月26日にオープンしたスターバックスがあり8時〜22時まで営業している。パンフレットには載せていないので宣伝して下さいとの事でした!

・サンルートプラザ東京
サンルートは新館のサウスサイド・ノースサイド・ウエストサイドがあり、新館のサウスサイドは1950年代のアメリカをテーマにしており、レトロで都会的なイメージ。新館は全室シモンズのベッドとテンピュールの枕を使用しています。
 ノースサイドにあるクルージングキャビンは16.5uしかなくほんとに狭いが、実際の客船と同じ広さになっており、装飾も実物の船のポールを飾ったりと細かくこだわりがあって、本当に船の旅をしている気分にしてくれる。このクルージングキャビンの階はとても楽しい!エレベーターホールにはちょっとした仕掛けがあって楽しむ事ができたり、通路、ドアなども工夫されている。お子様はきっと楽しめるはずです。
 オフィシャルホテルの中でも唯一ランドとホテル・舞浜駅とホテル間のシャトルを運行しています。

・浦安ブライトンホテル
研修のほとんどが女性でしたが、最も人気があったのがブライトンでした。特に話題の『アッパー12』20F〜21Fのみの設定で東京湾を一望できるように電動リクライニングベッドが窓に向かってレイアウトされており、お好みのポジションで寝ながら夜景を楽しむ事ができる。またワイヤレステレビも用意されています。
 『ルームだんらん』最近バリアフリーを取り入れているホテルが多い中あえて段差をつけてルームネームの通り靴を脱いでだんらんできるスペースを設けてみたところお客様から大絶賛だったそうです。後、親子で入れるバスタブにゆったりスペースの洗い場があってのんびりとバスタイムを味わえます。ちなみにブライトンには全室フットマッサージ機が用意されているので思いっきり遊んだ後に是非ご利用ください!

えすぽツーリスト

旅行業登録番号
兵庫県知事登録
旅行業第2-605号

伊丹営業所
TEL 072-773-0555

六甲道営業所
TEL 078-856-3601

垂水営業所
TEL 078-704-2704

レバンテ垂水営業所
TEL 078-707-3311

妙法寺営業所
TEL 078-747-3005

姫路営業所
TEL 079-295-5121

本社団体営業部
TEL 078-222-1551

リンク旅行取引に関する事項このサイトについて個人情報の扱いについてサイトマップ