えすぽ通信

2006.01号 沖縄編

沖縄・杜の賑わいに行ってきました! by 舞子・辻

 毎年、沖縄で1回、その他の地方で1回の年2回開催されているJTBオリジナルイベント「杜の賑い」を見学するため沖縄へ研修に行ってまいりました。「杜の賑い」は今回で102回目の開催。沖縄のパワフルなステージに大感動です!
 そもそも杜の賑いとは...「郷土に息づいている数々の伝統芸能をはじめ、その土地ならではの催し物を一堂に集めてご覧頂くイベント」です。そう聞くとご年配の方向きでは?と感じます。私も実際そう思っていました。会場の入り口に並んでいるのも熟年の方ばかりでしたし。しかし、中に入れば子供もちらほら。そして開演すると、後ろに座っていた子供から「うわ〜すごい!!」という声が聞こえてきました。杜の賑いは世代を問わず感動を与えてくれるものなんだとその時実感しました。
 今回のスペシャルゲストは夏川りみさんとりんけんバンドでした。半分、夏川りみミニコンサートのような感じではありましたが....。伝統芸能と言えば眠たくなってしまうイメージですが、一つの演目が飽きさせないよう4〜5分くらいに構成されていて、レーザー光線や派手な音楽を使い、飽きることはありませんでした。空手舞、獅子舞、エイサーと沖縄ならではの踊り、衣装で楽しませてくれます。次回は函館で開催される予定ということでアイヌの方も応援に来ていましたが、沖縄の音楽や衣装に比べるとアイヌの方は非常に地味で少し物足りなく感じました。比べると毎年開催されているのは沖縄だけという理由がよくわかりました。最後のフィナーレも会場一体となり踊り、お客様が帰るときには出演者が外に出てお見送りをしてくれます。最後の一人が帰るまで踊っていました。そういったところが沖縄の暖かさを感じます。
 この内容でエース「沖縄へビュン」の特別オプショナルプランだとシャトルバスもついて、たった1550円なんです!!杜の賑いを目的に販売するのはかなりむずかしいですが、開催時期に沖縄へ行かれる方にはぜひお勧めいただきたいプランです。
 来年まで開催を待てないという方には、2006年6月19日〜25日まで行われる夏いちばん乗りウィーク「おきなわ夢の邦」をご紹介下さい。

今回ホテルのインスペクションも4件ありました。
○ルネッサンスリゾート沖縄
 エース専用ラウンジを体験しました。なんとエースでご参加のお客様にはケーキ&ドリンクが食べ放題・飲み放題なんです!!と言ってもみなさんケーキは小さいだろうとご想像されると思います。そんなことは全然ありません。小さすぎず大きすぎず、種類も豊富なのでたくさん食べられます!!!滞在中毎日通って全種類制覇なんて方もきっといるはずです。これは売りに出来る特典だと思います。

○ジ・アッタテラス
 当初行程には含まれていなかったのですが、見たい!という希望にこたえて交渉していただきました。しかし、中に入ることすら出来なかったのです....。売りが隠れ家的ということで、ご宿泊のお客様にはごゆっくりしていただきたい。そういったことから、16才以上でないと宿泊も出来ない、また宿泊者以外は(たとえゴルフのお客様でも)門から中に入ることは出来ないのです。ですから、視察でぞろぞろなんてもっての他というわけです。小高い駐車場から遠くにホテルを見下ろし説明を聞きました。対応あんまりでは?と思う反面、逆にお客様からすると安心して静かにゆっくりと過ごせるホテルかと思います。

○沖縄マリオットリゾート
 ビーチサイドではないのがデメリットのように思いますが、ホテルの方によるとプールのほうが人も少なくのんびりできるので滞在中はほぼプールサイドで過ごし、アクティビティをするときはビーチに行くという方が多く、ビーチが遠いからといって特に問題はなさそうでした。中の造りはゴージャス、海を見下ろしまわりに噴水の出るチャペルまでありました。バリアフリー対応の客室もあります。ベッドとベッドの間に車椅子で入れるのはもちろん、車椅子からベッドに移動しやすいように高さもあわせてありました。部屋の中でも車椅子で回転できる広さがあり、電気などのスイッチは通常の位置と低い位置にも設置してあります。部屋数もそこそこあり、20〜30名の障害者のグループを受け入れたこともあるとのことでした。バリアフリー対応の客室は入り口が引き戸になっているので、ベビーカーのお客様にも喜ばれるようです。

○ザ・ブセナテラス
 ブセナはバリ島のような雰囲気でした。テラスグループなだけにテラスがたくさんあり開放感あふれていました。ただその分、館内は暑い時期は暑く、寒い時期は寒くなってしまうようですが....。アジアリゾートな雰囲気はたっぷり味わえます。

 DFS視察
 DFSにも行ってきました。現在レンタカーの車をもって来るフロアは1フロアだけですが、夏にはレンタカー貸し出しのフロアをもっと増やす予定で、しかもエース専用のフロアもできる予定だとか....。DFSでのレンタカーの貸し出しはご家族のご利用が多いかと思っていたのですが、意外にビジネスマンのご利用も多いそうです。受付してから配車まで奥様に頼まれたお土産をお買い物されるそうです。中にはルイヴィトンのブッティックはあるのですが、シャネルやグッチの専用のブティックはありません。ご説明してくださった方によると、ルイヴィトンが株の60%程持っているようで、そのためシャネルやグッチの専用ブティックはなく化粧品や香水などしか取扱していないそうです(しかもルイヴィトンだけは免税品ではないの看板が...)。お土産品も現地のお店との共存を図るため、ちんすこうなどの一般的な沖縄土産はあまり置いていないそうです。免税品なので関税がかかっていないのはもちろん、免税限度額を超えると申告が必要なところ国内線は申告する場所がないので実質払わなくていいということになります。しかし、ちゃんとDFSが代わって払ってくれているんだとか。国内ではもちろん消費税がかかりますが、それもDFSが払っているそうです。そう考えるとかなりお得ですね!DFSのフードコロシアムで食事も出来るのですが、ここにいるスタッフの方は男前しかいません。沖縄の男前に会いたい方はぜひぜひ足を運んでください。

えすぽツーリスト

旅行業登録番号
兵庫県知事登録
旅行業第2-605号

伊丹営業所
TEL 072-773-0555

六甲道営業所
TEL 078-856-3601

垂水営業所
TEL 078-704-2704

レバンテ垂水営業所
TEL 078-707-3311

妙法寺営業所
TEL 078-747-3005

姫路営業所
TEL 079-295-5121

本社団体営業部
TEL 078-222-1551

リンク旅行取引に関する事項このサイトについて個人情報の扱いについてサイトマップ